アムール法律事務所についてABOUT

 「アムール法律事務所」は、2010年1月に東京・銀座に「法律事務所インフィニティ」の名称で設立されました。

 当初は、代表の大渕愛子弁護士が専門としていた、日中間の取引などを対象とした中国企業法務を中心として業務を行っておりましたが、独立と同時に、女性弁護士として出来ることはないかと考え、HP上に、「女性相談窓口」を設けたところ、女性個人からのご相談が増え、個人の離婚、男女問題、職場問題などの案件を多く取り扱うこととなりました。

 現在、当事務所は、法人向け法務サービスと個人向け法務サービスのいずれも取り扱っております。 個人向け法務サービスにおいては、婚前契約書の作成、離婚(特に親権の帰属や面会交流の取り決めを含む離婚問題)、職場問題のご相談を多く受けておりますが、近時は、ネット上の誹謗中傷対策のご相談も増えて参りました。

 また、当事務所は、「内部通報制度の構築・活性化」、「ハラスメント対策」、「だれもが生き生きと働ける環境作り」の3本を柱とする企業研修や講演にも力を入れております。

 「労働施策総合推進法」の改正によるパワーハラスメント対策の義務付けが2022年4月1日から中小事業にも適用されるようになり、「女性活躍推進法」の改正による行動計画の策定や情報公開の義務付けが2022年4月1日から従業員101人以上の企業にも適用されるようになり、また、「公益通報者保護法」の改正による内部通報対応体制整備の義務付けが2022年6月1日から従業員数301人以上の企業にも適用されるようになるなど、近年の法改正によって、働く人を巡る環境には様々な変化が生じており、中小企業にも対応が求められています。

 法律・制度・事例の研究を通じて、具体的に何をすればよいのか、どう変わっていけばよいのか、企業のみなさまと共に考え、よりよい組織へと変革を遂げるお手伝いをさせていただく。それが当事務所の使命の一つと考え、取り組んでおります。

PAGE TOP